「未分類」カテゴリーアーカイブ

ずっと続く体調不良と生理不順。

元々拒食症を患ったことがあり、当時成長期だったので生理の始まりが遅れてそこから生理不順につながりました。2ヶ月来ないときとあったり、かと思えば2週間に一回来たりとそのときによって生理痛の辛さも異なり自分でも戸惑っています。2ヶ月ぶりに来た生理の時は激痛で仕事も行けないくらいになるので休んだりしています。一回痛すぎて電車内で動けなくなったこともあります。婦人科にもかかっていますがホルモンバランスが悪いらしくなかなか治りません。生理不順に加えて胃腸が弱く、食べ物を食べ過ぎるとすぐに胃もたれします。脂っこいものを食べると大体お腹を壊し、冷たい物も続けて食べるとお腹の調子が悪くなります。食べ放題などはあまり食べることができないのと、大体お腹を壊すので友達に誘われてもほとんど行ったことがありません。仕事などでストレスが重なると胃腸炎になる頻度も高いです。胃腸炎になるととにかく痛くて物が食べることができなくなるので悩んでいます。胃腸が弱いからか太れない体質でもあり、女なので女性らしいふっくらとした体型に憧れますが実際はガリガリで女性らしさはありません。自分なりに太ろうとして食べてはいますが、栄養が吸収されていないような気がします。一回に量が食べることができないので、こまめに食べるようにしていますがそれでも体重は変わらずいつも体重計に乗るたびにガッカリします。細身の体型が原因でイジメられたこともあり、太らないことが本当に辛いです。痩せたいはからか体力もあまりなく、20代にしては走ったり激しい運動をすると息切れしてしまいます。一日中遊んだりした日には次の日は休まないとやっていけないという感じで、体力がないことに嫌気がさしています。友達との付き合いも悪くなってしまうので、体力もつけないとダメだなと思っているところです。食べる量が増えて体力も増えればホルモンバランスも整って生理不順も治るかなと思うのですが、なかなか体質改善につながっていません。

痩せられなくて困っています。

私は、体重が急激に増えてしまったので、何とか減らしたいと表居るのですが、なかなか減らすことが出来ません。

体が重くなってきて、さらに、健康診断の際に、尿淡白が±だったということもあり、はやり、健康のためにはなんとかしないといけないと思っているのでが、うまくいっていません。

どうしてこういう風になっているかというと、普段のストレスから、私は食べ物を食べ過ぎてしまうという傾向にあります。
仕事のことでストレスが溜まると、仕事帰りにスーパーにより、お菓子を購入してしまいます。

そして、そのお菓子を家に帰るまでに食べきってしまいます。

さらに、晩御飯を普通に食べ、その後にも、買っていたお菓子の残りを自分の部屋で食べてしまいます。

明らかに、お菓子の食べすぎだということは分かっているのですが、仕事でイライラとしているときには、お腹が一杯になるまで甘いものを食べるととても、安心します。

このようなストレス発散方法はだめだとは思っているのですが、一番手っ取り早くストレス発散が出来るということで、この方法をいつもとってしまいます。

このようなことをしていて、ストレスが発散されるのは一瞬のことで、健康のためには良くないですし、最終的に困るのは自分だと思っているので、何とか、この、お菓子を食べてお腹一杯になり、ストレス発散をするという方法を変えたいと思っています。

そこで、最近は、食べるお菓子を種類を考えるようになりました。
今までは、とにかく、食べたいものを沢山食べるという方法をしていたのですが、今は、同じ量でも、量が多いものではなく高級なもので、質のいいものを食べるようにしています。

たとえば、今までは大袋の物を購入していたのですが、今は、小袋になっていて、一気に食べることの出来ないようなものを食べるようにしたりしています。

今までは、お腹が一杯になることが目的でしたが、今は、食べるときにも幸せを感じながら、味わって食べて、少しでも食べる量を減らせるように心がけています。

30歳を過ぎてから痩せにくい。

私はもともと太りやすい体質です。でも20代までは本気で頑張ればすぐに効果は現れ、夏には5キロくらい痩せるというのは比較的簡単でした。
ところが30代を過ぎてから、明らかに痩せるのに要する期間が長くなってきたのに気がつきました。

どうしても秋~冬にかけては太りやすく、簡単に5キロは太ってしまいます。
そこで春~夏に向けてダイエットに取り組み、5キロほど落とすというサイクルを毎年のように繰り返していました。
どうも原因はその痩せたり太ったりを繰り返したことにあるようです。
体重の増減が激しく、何度も無理なダイエットをして痩せ、そしてまた短期間で太るというのを繰り返したおかげで代謝が悪くなり、太りやすくて痩せにくいという最悪の身体になってしまいました。

ラパルレセルライト撃退コースに行こうか考えています。

最後にダイエットに成功したのは30台半ばです。それは加圧ジムに通い、食事制限等もしっかりしたおかげで2~3ヶ月で6キロほどのダイエットに成功しました。しばらくはキープしていましたが、結婚し食生活が変わったおかげで結婚後2年で10キロ増加してしまいました。以後人生最高体重をキープしています。
夏が近づき薄着になるとやはり体型が目立ちますし、以前着ていた服も明らかにきつくなったり、着られなくなったりしたものが増え、焦って運動や食事制限をしますが数ヶ月しても全く減る気配がなく、そのまま夏を超え、秋~冬の太りやすい季節になってしまいます。
以前は「あの人ぽっちゃりしてるな~」なんて思っていた人が、いつの間にか痩せて見えたりすることもしばしばです。自分はもう二度と痩せられないのだろうか・・・そんな気にもなり、おしゃれをする気もなくなってしまいます。

もうすぐ40代目前でますます痩せにくい年代に突入してしまいます。あと1年、40歳になる前になんとか痩せなくても、健康的な身体を手に入れたい。その気持ちが強くなり、少しずつ毎日の生活に運動をとりいれることにしました。歯を磨いたり、ドライヤーをする時にスクワットなどをする。毎日の動作の中に組み込んでしまえば、やらないよりはマシだと思い、日々努力中です。

ストレスによる歯の食いしばりが悩みです。。

半年ほど前に身内間のトラブルで強烈なストレスを感じたことが原因で、歯の食いしばりが始まり、寝ている間に無意識に歯を食いしばってしまうため朝起きた時に強烈に顎が痛くなったり歯茎が腫れてしまうトラブルがおき始めました。歯医者で相談したところ、ストレスや極度の緊張下にあると起こりがちな症状だという事で、タイミング的に合点がいきました。今までいびきや歯ぎしりなどのトラブルは一切ありませんでしたが自分でも驚きました。原因は夫婦間のトラブルでしたがいったん鎮火したものの火種がくすぶっているため全く改善しないどころか毎日朝起きると顎が痛いです。歯科でみてもらったところ前歯にひびが入ったり、犬歯が削れているとのことです。
損したと感じることは心理的なことが一生ものの永久歯を傷つけてしまったことに対してとても落胆しています。自分なりに行っている対策は色々調べたのですが、リラックスして眠ることが重要という事なので眠る直前はパソコンやスマートフォンをいじらないことやなるべくリラックスできる環境を作るように心がけています。難しいのですが、些細な事を気にしないようにしたり、欲しいものが有れば我慢しないでそれほど高いものでなければ購入しています。歯を食いしばることにより最近は頭痛も慢性的に出てきてしまい、このままだと歯もかけてしまいそうで悩んでいます。歯科で勧められたので自分の歯型に合わせたマウスピースをつけて眠っています。これをつけていると歯にダメージが出にくいとのことですが、毎日つけると顎が痛くなるから2日に一回でと言われており、本当は毎日つけたいくらいですが何とか食いしばらずに済むように工夫をしていますが最近では昼寝をしていても仮眠でも食いしばってしまいますし、パソコン作業をしながらでも気づくと歯を強く食いしばっています。精神面が食いしばりに影響を与えるなんて自分でも驚きましたが、今後は心のケアも積極的に行いたいです。

https://xn--zcka8byiq72os65a8q4a.net/

生理痛が酷くて会社を休むほどなんです

私は都内在住の35歳の既婚者で会社員です。子供はおりません。
10年くらい前からずっと生理痛が酷いんです。どんな症状がでるかというと、生理が始まったと同時に激痛でそれが3時間くらい続きます。あまりに痛いときは吐いてしまいます。
痛みは下腹部に力を入れると少し和らぐので、30分に一回くらいの頻度でトイレに駆け込むことになります。痛みの度合いは年々ひどくなる一方です。

そんな状態だと会社にも行けず、休むことがしばしばあります。上司は男性なので理由は体調不良としか伝えていなかったのですが、単に身体が弱いのだと思っているようですが、サボりだと思われていたら嫌だなと思ってしまいます。
私としても生理痛がない同僚がうらやましいです。半休制度がないので、休みと一日休みになってしまい、その後の仕事の穴埋めをするのも大変ですし、3時間ほどで痛みは弱くなるので、勤務時間5時間も無駄にするのかと思うと悲しい気持ちになります。貴重な有休が減ってしまうのは嫌ですよね。

あまりにも痛いので、婦人科を受診しましたが、子宮筋腫などは見つからず、「冷えや、年齢もあるかも?」と言われたりしています。また会社での検診の際にも先生に聞くようにしていますが、やはり原因はわからず、「個人差もあるから」と言われています。

自分なりにやっていることは、まず、鎮痛剤を飲むことにはしています。ただ、私の場合、生理が始まったらすぐ痛みが出るので、タイミングが合わず結局激痛を体験することがしばしば。薬が効く30分ほどが勝負です。
日々気を付けているのは、身体を冷やさないことで、なるべく毎日半身浴、家にいるときはシルクの腹巻とレッグウォーマーを装着しています。
運動不足もだめなので、ランニングしたりトレッキングにいったりしています。Youtubeで生理痛で検索して、骨盤ヨガやストレッチをしたりもしています。

過去に半年ほど生理痛がなかった時代もあったのですが、その時は婦人科を受診してピルを飲んでいました。ただ、結婚して子供もできたら欲しいので、今は飲んでいませんけどね。

生理痛がひどいと友人に伝えても大変だよね、くらいになるし、男性である夫に理解していただけないのも辛いところです。

自律神経失調症による、わたしの長年の体調不良について!

最初の異変に気づいたのは高校生のときでした。やる気のなさと、からだのだるさ、異様な落ち込みが続き、ついには、学校にいけなくなりました。当時は、原因がわからず、家族には、ただの怠けてるようにしかうつらなかったとおもいます。その証拠に病院にすら行かなかったのです。程度の差こそあれ、症状は時々出ました。とくに、季節の変わり目はひどかったです。若い頃は、そういうときは、じっと家に引きこもるしかできませんでした。
20代のころアメリカに留学して半年がたったころ、顔の暑さがずっと続き、すごく苦しく、一ヶ月以上続いたので帰国したという、悔しい思いをした経験もあります。そのころも、原因がわからずじまいでした。
30代後半に、また、一ヶ月以上顔の暑さが続き、熱を測っても平熱でした。内科を受診したのですが、やはり、原因がわからず、おさまるのを待つしかありませんでした。
40代にも、同じことがあったので、また病院に行くと、内科から産婦人科にまわされ、心療内科に行くように言われようやく自律神経失調症という、診断をされました。抗うつ剤などの薬を処方され一年間通いました。症状は改善したのですが、最近、また同じような症状に悩まされ、現在、50代ということもあり、更年期の症状もあり、以前より深刻な病状なので、最近、食生活をみなおし、野菜中心の糖質制限の食事をはじめました。まだ、半年くらいなのですが、以前より、からだが軽くなって、症状もやわらいできました。炭水化物もいままでの半分以下におさえ、一口目は野菜を食べるようにしています。あとは、規則正しい生活をこころがけ、毎日、30分以上歩くようにしています。友人にヨガのインストラクターがいるのですが、彼女のすすめで、来月からはヨガも習おうとおもってます。あと、以前から興味があった、漢方も飲んで見ようかと、おもってます。漢方を処方してくれる心療内科の良い先生をいまは、探しています。

めまいや立ち眩みの症状に悩んでいます。

めまいや立ち眩みに悩まされるようになったのは35歳を過ぎたころからでした。
原因として考えられるのは、ホルモンバランスの乱れです。
更年期にはまだ早いのですが、最近では日常のストレスや睡眠不足、過労などにより「プレ更年期」の症状を感じる人が多くいます。
めまいにも種類があるのですが私はふわふわと浮遊感を感じるものです。
まっすぐに歩いているのに宙に浮いたような感覚がするから不思議です。
この症状があると、外出した時に平衡感覚がないのでひどいときには吐き気を伴うこともあります。
外出先では、おなかが空いているので食事をすることもあるのですが食べると気分が悪くなることがたびたびありました。
本来ならば、楽しいはずの外出も気分が悪くなるので外出する気もうせてきます。
めまいや立ち眩みと一緒に倦怠感も伴います。
めまいや立ち眩みの症状がひどくなるのが、季節の変わり目や低気圧が近づいてきた時です。
天候に左右されるので毎日、天気予報を確認するようにしています。
症状を緩和させるためにはいくつか試していることがあります。
まずは、鉄分が不足していてもめまいを感じることが多いということで毎日、乾燥したプルーンを食べるようにしています。
プルーンには食物繊維とともに豊富な鉄分が含まれているからです。
また、栄養のバランスにも気を付けて食事を摂取するようにもしています。
次に、食事と併せて大切なのが適度な運動です。
毎日、一時間程度は自宅周辺をウォーキングすることにしています。
「歩く」ことで血行もよくなりますし、何より下半身の筋肉を強化することができるのです。
以前は、漢方医に処方された「苓桂朮甘湯」という漢方を毎日服用していましたが、食事と運動に気を付けるようになってからは、かなり症状も楽になりました。
これから、本格的な更年期症状が現れる年齢になります。
そうなる前に、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」に似た作用を持つ「エクオール」のサプリメントの摂取も考えています。

ひげ脱毛奈良

偏頭痛に悩まされて・・・

私は偏頭痛に悩まされています。
初めてなったのは高校生の頃。頭がガンガン痛くて割れそうな感覚に襲われました。
薬を飲むタイミングを間違えれば3日間くらい体調不良が続いたり、気持ち悪くなり吐いたりしてしまいます。

原因は寝不足だったり、気圧の変化だったり、生理前だったりします。
ある日仕事中に頭痛になりそうな感じがしましたが薬をきらしていた飲めずにいました。
時間と共にどんどん頭が痛くなり、下を向くだけでガンガンと脈打つ様に頭痛がしました。
その日は久々にデートの約束をしていたのに彼と会っている時は頭痛のピーク。
仕事が終わってすぐに薬を飲みましたが頭痛が始まっていて全く効きませんでした。
頭痛がするだけでも辛いのに、気を使ってくれた彼が家に帰って寝た方が良いと言い出しせっかく会えたのにすぐに解散する事に。何で薬を持っていなかったんだろう。ととても後悔し泣いた記憶があります。
またある時は出産後授乳をしていたので薬を飲めず何日も何日も頭痛に悩まされる事になってしまい赤ちゃんのお世話で寝ているわけにも行かず本当に辛い思いをしました。
下を向くだけでガンガンし吐き気がする。冷や汗が出る。光が辛い。薬は飲めない…体はふわふわするしもう本当に限界でした。
そのことがきっかけで私はまず病院へ行き頭部のMRIを撮りました。
脳に異常はなく私の頭痛はホルモンバランスや気圧の変化から起こることが判明しました。妊娠出産、産後にはいつも以上になりやすいそうです。
その時は検査だけで帰って来ました。
その後断乳をし、病院で偏頭痛が起こった時にすぐに飲む薬を処方されましたがいまいち効かなかったのと、病院に毎回通って3回分の薬をもらいに行くのでは時間的にもとても負担だったので今は市販薬を飲んでいます。
しかし、市販薬も飲みすぎると薬を飲んでいる事で頭痛を誘発してしまう事があるので慎重に飲む様にしています。
偏頭痛を持っている方はよく「今日は頭痛になるな」と分かると言いますが、私も例外ではなくわかります。
そんな日は頭痛が始まる前に薬を飲んでしまいます。
頭痛が始まってからや完全に頭痛になってからでは薬の効きが悪いです。
偏頭痛はなればなるだけ悪くなるそうなので「頭痛にならない」事が大切なんだそうです。
間違っても予防薬として毎日飲むのはやめたほうがいいと思います。
私は常に薬を持ち歩きいつでも飲める様にしています。またストレスを溜めない様に心がけています。